一般的な立川の矯正歯科で行われている治療方法などを紹介

矯正歯科

歯科矯正は何歳ぐらいに始めたらいいの?

結論から言うと、一般的には8歳から12歳ぐらいが歯科矯正を始める最も適した時期であると言えます。それは、そのころに永久歯が揃ってくることと、その時期は骨が柔らかく、あごを広げたり、噛み合わせのバランスを整えたりするのに適した時期であるからです。あごや歯を動かしやすいということは、動かしたときの痛みも比較的少ないと考えることができます。
少ない力で動かすことができることから大きな器具をつける必要がなく、あまり矯正していることが目立たないというメリットもあります。また、その年頃が矯正に適した時期であるということで、ほかの子どもたちも矯正をしていることが多く、自分だけが矯正しているといった違和感を持たなくても済むということは、子どもたちにとって大切なことだと思います。
もう少し大きくなって、中学生ぐらいになると、多感な時期になり、見た目を気にするようになりますので、できればそれまでに済ませてあげるといいと思います。もちろん個人差がありますので、8歳になる前に始めた方がいい場合もあります。歯並びが気になるようであれば、早めに歯科医院で歯並びのチェックを受け、その子の歯の状態を見ながら矯正開始の時期を検討するのが理想的です。

TOP